Menu

Billetterie

国際交流基金・パリ日本文化会館 事業部職員(展覧会業務(1名))募集

【パリ日本文化会館について】
パリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris、以下MCJP)は、日仏政府間合意に基づき、1997年から独立行政法人国際交流基金により運営されています。開館以来、日仏ひいては日欧間の文化交流の拠点として日本の民間企業各社からもご支援を頂きつつ、日本語教育普及、文化芸術事業、日本研究・知的交流事業を柱として、活動しています。

【求人概要】
2022年春の展示事業及び展覧会関連イベント等実施のための事務、現場での業務全般を担当する職員を募集しております。

【勤務地】
国際交流基金パリ日本文化会館(101 bis quai Branly 75015 Paris, France)

【担当業務】
国際交流基金本部からの派遣職員のもとで2022年春の展示事業及び展覧会関連イベント等実施のための事務、現場での業務全般を担当頂きます。

【待遇】
1.契約形態:フルタイムCDD(試用期間あり)
2.雇用期間:2021年5月以降(応相談)~2022年5月30日

【勤務時間】

月曜日~金曜日(9時30分~18時)
※事業の必要性に応じて超過勤務、土曜勤務をお願いする場合があります。

【応募資格】
以下1.~4.のすべてを満たす方。
1.フランスにおける居住・労働許可を有している方(ワーホリ・学生ビザ不可)
2.日本における四年制大学卒またはフランスにおけるLicense(bac+3)以上の方
3. 3年以上の社会人経験がある方
4.MS WordやExcel、Power Pointなどを使用して、文書・データ作成が可能な方

【言語】
フランス語:ビジネスレベル(必須)
日本語:ネイティブレベルまたはそれに準ずる能力(必須)
英語:ビジネスレベル(望ましい)

【求める経験、スキル】
1.チームで協調性を持って働けること
2. 組織貢献意欲、コミュニケーション能力、自立性、適応力、柔軟性、行動力に富むこと
3.日仏の文化交流、特に展覧会/美術関係事業に関心のあること

【応募方法】
1.提出書類
(1)履歴書[日本語及びフランス語]
形式は自由。
(2)志望理由書[日本語及びフランス語]
書式自由それぞれA4用紙1枚程度
(3)いずれかの書類を有する方はコピーをご提出下さい。
・フランス語非母語話者の方は、フランス語能力を証明する書類
・日本語非母語話者の方は、日本語能力を証明する書類

2.提出期限
2021年4月12日(月)9:00必着

3.提出先・提出方法
recrutement2@mcjp.fr 宛に、メールで応募してください。
メールのタイトルを「職員応募(応募者氏名)」としてください。

【選考方法】
1. 第1次審査:書類審査
結果は4月14日(水)までにメールで通知します(予定)。

2. 第2次審査:面接、筆記試験(小論文・フランス語レベル確認テスト)
・第1次審査通過者に対し当会館において面接・筆記試験を実施します。
・日時はそれぞれの応募者と相談の上、決定します。なお交通費は応募者の負担とさせていただきますのでご了承ください。
・結果は、面接終了後数日以内に通知いたします。
*採否理由に関するお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

【問い合わせ先】
ご不明な点は下記までお問い合わせください。
パリ日本文化会館 職員公募係
Email: recrutement2@mcjp.fr